院内保育園ってどう?

院内保育園ってどう?

院内保育園の設置されている病院は、最近増えていますよね。
病院によって、24時間オープンだったり、週に数回夜間も対応しているシステムだったりと、いろいろですが、
ママさんナースにとっては、とても嬉しい事です。

院内保育園は、メリットが沢山あります。
自分が通勤する時に、子供も一緒に連れてくる事ができるので、送り迎えの時間が短縮できます。
さらに、同じ敷地内にある保育園なので、子供の急病など、何かあった場合には、すぐに駆けつける事ができ、
またすぐに仕事に戻る事もできます。
24時間オープンしている保育園であれば、夜勤でも、急に残業があっても、慌てる事なく仕事に集中する事ができます。

実際に私は、24時間院内保育園を使用していました。
院内保育園のある病院は、安心して働ける事に加えて、多くのママさんナースが働いているという事もメリットです。
同じくらいの子供を持つ同僚とは話が合いますし、皆さん子育てに理解があるので、とても働きやすい職場でしたね。

院内保育園は、一般の保育園に比べると利用料金が安く、年中無休のところが多いので、とても便利なんですよ。
院内保育園に子供を預ける事について不安のある方もいると思いますが、一般的な保育園と大きな差はありませんし、
保育士の定数が決まっているので、充分な人数の保育士の元で子供達は過ごす事ができます。
これは、親にとってもとても安心ですよね。

院内保育園はいろいろな使い方ができます。
普段は一般の保育園に通っていて、夜勤の時だけ院内保育園を利用している方もいます、

子育てをしながら働くママさんナースには、院内保育園のある病院は、とてもお勧めです。
子供の預け先が確保できるので、いろいろな働き方ができますよ。

2015年10月 6日|